聖水でディナー 豚肉を攻める カジャカジャ!歩いて発見!グルメ旅vol.3 ~ どりあんず・堤 太輝さんと巡る ~ 聖水でディナー 豚肉を攻める カジャカジャ!歩いて発見!グルメ旅vol.3 ~ どりあんず・堤 太輝さんと巡る ~

ソウルに到着してからの行動はしっかり整理して
全てを回りたい堤さん。
しかも堤さんのリサーチ力は半端ないレベルです。
今回の目的は「美味しいものを探しだす」。
聖水(ソンス)駅を目指し、滞在5時間で何ができるか。
1軒目はセリを堪能、2軒目で美味しいプリンに出合い、
3軒目、残り1時間でどのような
お店を選んだのでしょうか。
聞き手:PIVIm編集部

聖水(ソンス)でディナー!裏路地にも発見がある

堤 太輝さん(以下T)「夕方ってなぜか人が増えている気がしますね」

PIVIm(以下P)「ほんとですね。といいますが、堤さん、かなりこの隙間のような路地を攻めるのは…(笑)」

「こういうところに隠れた何かがあるじゃないですか!ほら、ここ、リノベ前っぽいけどそれを活かしたカフェだし」


カフェの写真
よく見るとカフェです

「わぁ、この路地、知っている人じゃなければまず来ないですね。でもメインストリートの一本裏手ですけど・・・」

「先ほどのカフェもそうですが、何と言いますか、街歩きって歩かなければわからない魅力ってあるじゃないですか」

「そのお言葉、納得です」

「道間違えたって良いと思います。楽しまなきゃ、特にソウルはそれが絶対ありますね、歩くことでわかる面白さ」

「歩きやすいスニーカー、こだわりたくなりますね。買いたいなぁ」

「歩いて探しましょう!笑」

「堤さん!後ろをついて歩いていますが、なんとなく駅に近い場所まで来たような気がします」

「気配、感じますか?」

「人の流れがこっちに向かっているから、あぁ、駅はあっちの方かな、と…」

「するどい!いや、絶対そうですよ、僕、この建物、みたことあるし」

「記念撮影しておきましょう。駅近マーキング」

歩いている堤さん

「堤さん!後ろをついて歩いていますが、なんとなく駅に近い場所まで来たような気がします」

「気配、感じますか?」

「人の流れがこっちに向かっているから、あぁ、駅はあっちの方かな、と…」

「するどい!いや、絶対そうですよ、僕、この建物、みたことあるし」

「記念撮影しておきましょう。駅近マーキング」

「まぁ、駅に向かえば絶対何かありそうですよね、この聖水エリア」

「古いけれど、新しい空気感もあるし、店舗もどんどん変わっているようなニュアンスも感じますしね」

「あ、花輪が出ている!これはもしかしたら噂に聞いていたニューオープンのお店かなぁ」

お店の写真

「ってことはこのエリアを攻めている店舗、ってことですよね。ここにしてみますか」

「そうですね、なんか肉!って感じののぼりも韓国ならではのオーラがある気がします」

「(のぼりのメニューを見ながら)堤さん、ここ、豚肉食べられるっぽいです。ランチに牛肉食べたから豚肉、いかがでしょうか」

「絶対そうだ!決定!聞いてきます」

「いや、それは私の仕事です(笑)。行ってきます」

藤﨑 聡子 ワインジャーナリスト・撮影構成ディレクター 世界中の食とワインのペアリングについて編集者歴25年以上ならではの目線で追求し続けている。わかりやすい言葉を綴ることで長年のファンが多い。
PROFILE