東廟前駅で味わえる貴重な魚の出汁のスープ麺はここでしか味わえない旨味

2024.6.10

目次

魚の出汁はどじょうがベース。いろいろな作り方がある

日本では昆布、鰹節、いりこが知られている出汁の要素。
それぞれに旨味と香りと美味しさがあり、
ほのかな塩分感もよいですよね。
塩を加えなくても充分いける。

韓国も同じように魚の出汁を生かしたメニューがあります。
しかも伝統的な食として存在感を出しているのが「どじょう」。
え、どじょう?柳川鍋くらいか見たことないな、とか
思われる方も多いと思います。
韓国ではタンパク質・カルシウムが豊富な食材として
スープなどで召し上がることが多いそうです。
また地方によってこのどじょうの扱い方にも違いがあるのだそう。
すりつぶしていただく、身をそのまま煮込んで食べる、など
その土地で古くから伝わる食文化としても知られているそうです。
それをソウルのど真ん中で食べられるとは!
この看板が目印。
細い路地にあります。この通りを通るのは
地元の方くらいだろうな……

うっかり見過ごしてしまいそうな看板

とろとろに煮込まれたどじょうのスープと素麺のコラボ

お店訪問、狙い目は朝11時の開店くらいが良いでしょう。
料理はワンオペ。社長が1人で切り盛りしています。
伺ったときは誰もいませんでしたが、帰る時は満席。
この味を求めて地元の方が通っている、
そんなイメージです。

待っている間のパンチャン(おかず)を。
このピーナッツ、美味しい!ずっとつまんでいられる。

シンプルです
 

そして登場。シグネチャー!

グツグツ、良いですね!
 

熱々で、美味しい香りが漂っています。
トッピングの野菜はニラとセリ!
セリ好きにも刺さります☆

1分後。まだグツグツしています!

真上から。たっぷりかかっている魚粉が崩れない!
 

写真を撮りたい方には充分すぎるグツグツ時間。
これは暑い夏にあえて挑むべきか、すごく悩みます…

落ち着きました。

写真で見るとそこまで熱さは伝わらないですね…
 

そう、このシグネチャーは素麺入りです。
個人的には素麺と冷や麦の間くらいに太さ。
ツルンとしていてスープと絡みやすい。
これはいける!本当に美味しい。

黒い粉はどじょうを粉末にしたもの、と言っていました。
でも魚の臭みは全くなく、栄養食品のイメージ。
この粉のおかげなのか、スープが濃厚さを増し、
トロトロの味わいを楽しめます。
少し辛味がありますが、程よいので
辛さが苦手な方でも大丈夫な印象です。

麺好きにもたまりません
 

麺の下にある白いものはスジェビ!粉モノ好きの方にも
ぜひ召し上がっていただきたい。

関連するおすすめ記事

安東グッシのカルグクス
カルグクス界のドン ペリニヨンを味わう
そして粉モノつながりで登場するのは
川エビのチヂミ。ニラの美味しさもつまっています。

このカリカリ感、味わたいたくなるに違いありません
 
この厚み、よいですよね
 

醤油系のタレもよいけれど、これは塩コショウで食べたくなる。
チヂミって本当に作る人で味わいが変わるから面白いですね。

おまけ。
冷麺大盛り(笑)。
この海苔だけでご飯が食べられる美味しさです☆

食べ応えあります

どじょう、という食材、
新たな味わい方を発見できることでしょう。

お店情報

店名 어탕국수 (オタンククス)
住所 서울특별시 종로구 지봉로4가길 4
ソウル特別市 鐘路区 池鳳路4ガキル 4
地下鉄1号線・6号線東廟前駅・5番出口・徒歩4分
TEL 070-8614-8916
営業時間 11:00-15:30、17:00-21:00 不定休
メニュー オタンククス10,000W、川エビのチヂミ14,000W、冷麺10,000W

*許可を得て撮影掲載しています
*店舗情報に関してSMTOWN OFFICIAL JAPANにお問い合わせいただいても対応できかねます。直接店舗へお問い合わせください。

藤﨑 聡子 ワインジャーナリスト・撮影構成ディレクター 世界中の食とワインのペアリングについて編集者歴25年以上ならではの目線で追求し続けている。わかりやすい言葉を綴ることで長年のファンが多い。
PROFILE

RANKING人気の記事